{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

平川克美責任編集「詩のある生活」(「望星」2018年10月号)

¥612 税込

送料についてはこちら

隣町珈琲店主 平川克美「望星」責任編集 第一弾 オンラインショップ「隣町書店」から発売! 「望星」2018年10月号 発売日 2018年9月15日 定価(本体556円+税) [特集] 詩のある生活——平川克美責任編集 ●現代詩の前線 時代と正面から向き合う言葉を探して 平川克美 ●詩をめぐる対話 現代詩とは? 詩の魅力とは? 平川克美・小池昌代 《詩》 谷川俊太郎/友部正人/井坂洋子/若松英輔/文月悠光/藤井貞和/小池昌代/マーサ・ナカムラ/佐藤モニカ/和合亮一/清水哲男 《詩論》 ●世界へ連れ出す水先案内人  ぼくたちは愛を清岡卓行の詩から学んだ 高橋源一郎 ●言葉は余儀なく憑依する  ボブ・ディラン山脈のふもとで  小田嶋隆 ●精神科医が詩に出会うとき  醍醐味としての「臨床の詩学」 春日武彦 ●言葉が生まれ、輝くとき  詩のいま 言葉のいま 佐々木幹郎 [口絵] ●写真でチェック!   “ゾンビ計画”の不思議と謎 ●なんだこりゃ!? 写真館 67   昭和25年の母子手帳 町田 忍 ●歳歳年年モノ同じからず 31  「スーパーカブ」 ●今月のこの二枚  「大阪市大正区の橋と渡し船」 [インタビュー] 絵本が届ける草原の風 バーサンスレン・ボロルマー [ジャーナル] “ゾンビ計画”の不思議と謎   なぜかよみがえる敗戦直後の道路計画  樫田秀樹 部族国家アメリカ   第2部 3 レイシズムとナショナリズム 福田伸生 [放談] 大阪しちーだいば~ 12  「本当の大阪って?」 仲野 徹・柴崎友香 [連載] ●メディア分光器 水島久光 ●あの日・あの味 鳥海 修 ●怪獣たちの言い分 19  排除される少数派(下) 澤宮 優 ●マタギの村から 6 大滝ジュンコ ●今月の体当たり 28   お客様相談室の総意 ハンター・マサ [Books] ●新刊紹介 畠山重篤著『人の心に木を植える』(評・松永裕衣子)/三田一郎著『科学者はなぜ神を信じるのか』(評・丸山純)/鴻巣友季子著『翻訳ってなんだろう?』(評・沢渡曜)